お客さまのカーライフにおけるすべてのシーンで常にお値打ちのサービスをご提供し続け、お客さまのカーライフをよりお値打ちのあるものとすることをお約束します。

各種
お問い合わせ

オイル交換

エンジンオイルの交換は必ず必要?
なんで行うの?

エンジンオイル交換は必要です!とっても重要な車のメンテナンス項目です。

しかし、オイル交換の必要性をスタンドなどで説明されても、今一つピンと来ない方もいるはずです。それは、オイルの効果が目に見えないからかもしれません。

エンジンオイルの交換は重要なクルマのメンテナンス項目です。
ここでは「なぜ必要なのか?なぜ行うのか?」を説明したいと思います。

エンジンオイルは人間でいう「血液」の役割を果たしている、とても重要なものです。
人間でも血液がドロドロだと、いろいろな病気を引き起こしますよね?

エンジンオイルの交換を怠り、汚れたエンジンオイルのままクルマに乗っていると、様々なトラブルが起こる危険性があります。

エンジンオイルの比較
  • 定期的にオイル交換をしないと…

    完全に焼きついてしまいエンジン再起不能

    20,000km走行してオイル交換しなかった車

    完全に焼き付いてしまい
    エンジン再起不能

  • 定期的なオイル交換で
    エンジン内部もキレイに!

    エンジンの調整のよい状態

    3,000km〜5,000km毎にオイル交換した車

    エンジンの調子のよい
    状態です。

エンジンを長持ちさせるために
定期的なオイル交換を!

オイルの規格

SW-30 SW-30

そもそも、エンジンオイルはどのような役割を担っているのでしょうか?

エンジンの仕組み

冷 却
走行時のエンジン内部の温度の冷却させる
潤 滑
エンジンの各部品を滑らかに動かし、エンジンへの負担を軽減させる
気密保持
ピストン部分のわずかな隙間をエンジンオイルが密封することでパワーロスを軽減させる
清 浄
エンジンの燃焼や回転運動で発生する様々な汚れを特定の場所に溜まらないよう、エンジンオイルが吸着し、分散させる
防錆防食
エンジン内部の錆を防ぎ、エンジンの寿命を伸ばす

上記の役割はあくまでエンジンオイルがキレイな状態でのメリットです。

エンジンオイルが汚れていると、それぞれの役割を担うことが出来ず、様々なトラブルが発生します。

エンジンオイルの交換時期の目安

6ヶ月毎または3,000km〜5,000kmの定期的な交換をおすすめします。
シビアコンディションに相当する場合は、早めの交換をおすすめします。

シビアコンディションとは?

苛酷な走行条件つまり車にとって負担が大きい使われ方のことです。
エンジンをより良い状態に保ち、車本来の性能を最大限に引き出し、次回のオイル交換時まで快適に運転いただくためにも、特に都市部で走行状態はシビアコンディションとして考えていただくことが望ましいです。
次の例にどれか一つでも当てはまる場合は「シビアコンディション」となりますので、
通常より短いサイクルでのオイル交換をおすすめします。

  • 低速走行やアイドリング
    状態が多い

    渋滞(長時間のアイドリング)や多頻度の低速走行(ノロノロ運転)、市街地などでの信号による停車が多い
  • 短距離走行の繰り返し
    (8km以内/1回)

    ほぼ毎日、主に家から10分程度の場所へのお買い物や送り迎え、勤め先への往復に使う(いわゆるチョイ乗り専門派)
    1回の走行が短く、水温(各部の温度)が低い状態で走ることが多い
  • 走行距離が多い
    (年間2万km以上)

    車で活動することが多い、営業車として広範囲に使用している、週末の遠出が多め、などは要チェック!
  • 山道、登降坂路の
    頻繁な走行

    山道、けん引、家の近くや普段の通り道で坂道の登り下りが多く、ブレーキを頻繁に使う
  • 悪路の頻繁な走行

    走行距離の30%以上が悪路(凸凹路、砂利道、雪道、未舗装道路)など、運転していて衝撃を感じたり、車の下回りに石や砂が当たったり、砂埃などでボディが汚れるようなオイルに厳しい条件のところをよく走る

車の特徴に適したエンジンオイル

  • エコカー

    燃費型オイルは低温下でも抵抗が少なく、エンジン内の保護性にも優れているため、ハイレベルな性能が求められます。メーカーが推薦する規格・粘度の中から省燃費志向で、洗浄性能や保護性能が高められたものを選ぶのがいいでしょう。粘度をた高めてしまうと燃費に影響するのでご注意ください。

  • スポーツカー

    回転で回るスポーツカーのエンジンは設計がシビアな分、オイルの性能がフィーリングに現れます。なのでオイルの品質が性能に及ぼす影響も少なくありません。特にターボ車は過給器の潤滑をエンジンオイルが兼ねているので、高温状態でも保護性を失わない良質なエンジンオイルを選びましょう。

  • ディーゼル車

    エンジン自体の回転数はガソリン車よりも低いのが一般的ですが、多くのディーゼル車はターボを備えているため高温下での性能が大切です。燃料を供給する装置にエンジンオイルを使っているのも(コモンレール式など)は一般的に油量が多く、オイル管理もしっかり行う必要があります。
    ディーゼル車は、オイル規格表記がガソリン車と異なりますので、メーカー指定のオイル規格を確認し、クリアしているエンジンオイルを選びましょう。

カーライフバリュー No.1宣言 カーライフバリューNo.1宣言とは?

職人気質の品質 詳しくはこちら

お値打ちインフォメーション

東京オート株式会社が『地域未来牽引企業』に選定されました

営業カレンダー

本日の営業
営業中

カレンダーを表示

前月

翌月

  • 定休日
  • 午後のみ休店
[営業時間]
10:00~19:00
[整備受付時間]
9:30~17:30
*カスタマイズセンター小山は、GW・お盆期間・年末年始を除き毎日営業