mv

係長として店全体の円滑な運営も
心がけています。

係長として
店全体の円滑な運営も
心がけています。

YOSHIYUKI HASHIMOTO

橋本 芳幸

結城店販売課係長

section01

実力主義を支えるチームプレーの会社です。

東京オートに入社したのは、今から11年前です。車が好きでしたから、就職を考えた時にも「車に関連した企業」と決めていました。東京オートは、全てのメーカーを扱っていることが、魅力でしたね。説明会でも好印象を受け、アタックすることにしました。最終面接では、創業者の中村賢作会長に会い、その人柄に魅了され「必ず入りたい!」と思いました。柔らかく、話やすく、すっと懐に入れてもらえるその人柄は、今思えば東京オートという会社のスタイルそのものでもあると感じます。お客様に対する姿勢だけでなく、社内の雰囲気も同じです。この会社は実力主義、やる気と努力次第でどんどん伸びます。でもギスギスしたところはありません。チームプレーを旨として、困ったことがあれば助け合う社風ができています。私も新人の頃は、先輩たちに助けていただいたことが、たくさんあります。チームプレーを土台に、自分の成績を伸ばすことができる会社ですね。
voice 01

section02

お客様からの信頼が私を成長させてくれました。

実は私は、最初は営業という仕事が苦手でした。人とお会いしてお話をすること自体、あまり経験がありませんでしたから。ただ、文系の大学でしたので、車の会社に入社したければ営業職を選ぶしかなかったのです。そんなスタートでしたが、多くのお客様とお会いしていくうちに、少しずつ自分が変わってきました。人とお話しするのが楽しい、お客様のお手伝いをさせていただくことがうれしい、と感じられるようになっていったのです。そんなふうに成長できたのも、お客様から信頼していただけた体験を積み重ねることができたからです。お客様に育てていただいたのだと実感しています。お客様の中には「車のことは、橋本さんにおまかせしますよ」とまで言ってくださる方もおられます。営業をやっていて良かった、と実感する瞬間ですね。また、ご自分だけでなく家族ぐるみで頼っていただけることも、少なくありません。皆様の信頼に応えられる営業でありたいと、常に努力しています。
voice 02

section03

「叱る」のではなく「理解し、考えられる」指導を。

いま、係長として5人の部下を持っています。自分の営業だけでなく、彼らの管理もしています。人を使うのは、営業とは別の苦労がありますね。自分をきちんと律して、率先して動くようにしています。また部下がミスをした時に頭ごなしに叱るのではなく、「なぜダメなのか」を理解して、自分で考えて行動できるよう、工夫して話すようにしています。また、困っている部下から状況をよく聞き、的確なアドバイスをするよう心がけています。私自身、これまでに何度か、売上げが上がらずに悩んだり落ち込んだりしてきました。そんな時にも先輩や同僚にずいぶん助けられましたから、私もできるだけサポートしたいと考えています。こうしたチームワークが、私ども東京オートの良いところではないでしょうか。部署間での連絡も密にしていますし、お互いに気遣ったり、手が足りない時には助け合ったりもします。支店全体が円滑に動くからこそ、お客様の信頼にお応えできるのだと考えています。
offday

OFF DAYS

オフの日は、家族サービスと体力づくり。

休日は、まず家の掃除をします。その後、体力づくりも大切ですから、ランニングや筋トレを欠かしません。もともと外に出て動くのが好きなんですが、意識して体力づくりを心がけるようになったのは、結城店に配属になった4年前くらいからですね。少し太り始めていまして「現場で営業をやっている限りは、体調管理をしっかりやらないといけない」と反省したのがきっかけです。午後は、妻と娘の家族3人でショッピングモールへ買い物に行ったりすることが多いですね。