東京オートトップページ会社案内→会社概要

会社概要

はじめに

 

当社の経営理念は、「顧客第一主義の徹底、人を活かして人を育てる、地域社会とのふれあいを重視」というものです。創業の原点を忘れることなく、この経営理念の実現を目指して環境の変化に対応してゆくことが当社の目指す姿です。

 

 この「経営理念と環境変化」は経営における「不易流行」であるといえます。不易とは「不変の法則や時をこえた真理など変わらないもの」で、流行とは「時代や環境条件によるさまざまな変化」とされます。昨今は自動車販売業界を取り巻く環境も大きく変化しておりますが、こうした時流を見据えながら足元を照らしてゆくことが必要です。

 

  また、これからの社会においては、企業の成長が量的拡大から質的拡充にシフトしており、企業の成長とは事業規模の拡大ではなく顧客価値の向上を指すようになります。
  従って、企業が存続するためには顧客価値を向上させることが不可欠となります。
  顧客価値を向上させるということは、言い換えれば、「地域社会のお客様にとってかけがえのない存在になること」です。
  そのためには、お客様が当社の商品やサービス、品質に満足して下さり、やがてはそのお客様にとって当社がなくなっては困る存在になるまでに当社の存在意義を高めてゆくことが必要となります。

 

  今後も、より多くのお客様にご満足して頂ける企業となり、社員と経営者がお互いに学び合い共に成長する企業を目指し、経営理念の実現と顧客価値の向上に取り組みます。

代表取締役 中村 浩志  

東京オートからのメッセージ

経営理念

一、顧客第一主義の徹底
二、人を活かして人を育てる
三、地域社会とのふれあいを重視

 顧客第一主義の徹底とは、何をおいてもお客様を最優先にするということです。
   会社の利益や都合よりも、お客様の安全性や利便性を優先します。

 人を活かして人を育てるとは、お客様に満足をして頂けるサービスや技術、商品を提供することができる社員を生み出すために社員の能力や資質を活かして行く人材育成と、社員が働きやすい環境と成長できる場を作ることです。

 地域社会とのふれあいを重視とは、企業活動をする上で地域社会に役立つことはもちろん、企業活動を支えてくれる地域皆様にとって身近な存在になるために、地域社会との接点を持つことです。
  また、顧客満足と社員満足を通じた顧客価値の向上による地域社会への貢献も意味します。


 

コーポレートビジョン

カーライフに関するサービスの創造と提案をする
エクセレントカンパニーを目指します

 カーライフは直訳すれば「車人生」。
  成人してから老齢になり車に乗らなくなくなるまでの50年以上の間には、何台もの車を購入します。

  下取や買取に出したり、車検や点検の入庫、用品購入やタイヤの履き替え、自動車保険の加入、事故の時の相談や鈑金修理など、「車人生」の中では車にまつわる出来事がたくさんあります。

  こうした「車人生(カーライフ)」において、お客様に役立ち、安心し、納得して頂けるサービスを作り出し提案してゆくことが我々の「使命(ミッション)」です。

  こうしたサービスを提供できる企業こそ、お客様にとってかけがえのない、「素晴しい企業(エクセレントカンパニー)」であり、このコーポレートビジョンは私達が目指している「企業のあるべき姿」を示したものなのです。

 

会社概要

東京オートグループ

東京オートグループは、(東京オート株式会社・栃木ホンダ販売株式会社・ファーレン栃木南株式会社・株式会社TAインポート・TAレンタカー株式会社)の5社により構成されています。

グループのシナジー効果を発揮しながら、自動車販売関連事業を展開しております。

2011年10月作成

商号 東京オート株式会社
所在地 〒323-0829 栃木県小山市東城南1丁目16番地4号
TEL 0285(28)1111(代表)
FAX 0285(27)2500
ホームページ http://www.tokyoauto.com/
設立 1973年4月13日(昭和48年4月13日)
代表者 代表取締役 中村 浩志
グループ企業 栃木ホンダ販売株式会社(ホンダカーズ栃木東)
代表取締役 中村 賢作
ファーレン栃木南株式会社(フォルクスワーゲン足利)
代表取締役 中村 浩志
株式会社TAインポート(アウディ宇都宮)
代表取締役 中村 芳啓
TAレンタカー株式会社(Jネットレンタカー栃木)
代表取締役 中村 浩志
社員数 グループ計 313名
資本金 5,000万円
従業員 181名(2015年1月現在)


中小企業魅力発信レポート

中小企業魅力発信レポートとは
中小・小規模企業が必要な人材の確保等を行っていくために、魅力ある企業情報を発信するレポートです。中小企業基盤整備機構によるプロジェクト事業として、中小企業が人材を確保するために、人材採用や人材育成を中心に、企業が持つ強み、特長などを専用Webサイトから発信するものです。

 

魅力発信レポートはこちらの「魅力発信レポートWEB」からダウンロードできます。

 

事業内容

中古車販売部門 輸入車・国産車全メーカー全車種の販売
新車販売部門 ホンダディーラーで取扱う全車種の販売
国産新車全車種の販売
フォルクスワーゲンディーラーで取り扱う全車種の販売
アウディディーラーで取り扱う全車種の販売
輸入車販売部門 フォルクスワーゲン グループ ジャパン(株)で輸入する全車種の販売、アウディ ジャパン(株)外国車全車種及び特殊外国車直輸入の販売
サービス部門 車検整備、点検整備、一般整備
カスタマイズ事業部門 軽鈑金、一般鈑金塗装、事故受付、カードレスアップの提案、製作
   
部品・用品販売事業部門 自動車部品・用品販売
   
レンタカー部門 自動車レンタカー事業
   
その他 損害保険代理業、東京海上のエクセレントディーラー代理店
※エクセレントディーラー代理店とは東京海上日動独自の認定制度です。

知的資産としての自社開発システムTAS3.0

~研究開発型の自動車販売業としての独自固有の強み~

基幹業務システムを自社開発した背景
当社は、業務の効率化を図るために従来の基幹業務システムの「仕入・販売・整備・登録」機能に「顧客管理」、「会計処理・内部統制」、「情報分析、資料作成」の機能を付加した基幹業務システムを自社開発しました。


従来の中古車販売店向けシステムは、仕入と販売の機能を中心に設計されているものが大半です。しかし、中古車販売業では、整備と登録に関する機能も必要であることから、基幹業務である「仕入・販売・整備・登録」の各業務フローに基づいてシステムを構築しました。

基幹業務である「仕入・販売・整備・登録」の機能に、「顧客管理」、「会計処理・内部統制」「情報分析・資料作成」機能などを付加した新たな基幹業務システムを開発しました。

「情報分析・資料作成」機能により、拠点毎の仕入・在庫・商談・受注・収益・原価をリアルタイムで管理ができ、集計結果の必要なデータを抽出した分析レポートやグラフで可視化された会議資料を自動作成できるよう、柔軟にデータベースを活用できるシステム設計となっています。
 

当社が目指すのは「生涯顧客の創造」です。当社では、車販だけではなく車検や鈑金、買取や保険など様々なシーンに対応しており、どのシーンからでも生涯のお付き合いが始まります。それを支えるインフラが、総合支援システムTAS(=Total Assist System)なのです。
自社開発した総合支援システムTASは、活用したお客様との関係作りの仕組み(CRM=Customer Relationship Managemant)に役立てられています。
こうした取り組みによって、一般社団法人 CRM協議会(会長:藤枝純教)が主催する「2014 CRMベストプラクティス賞」において、「2014 CRMベストプラクティス賞」を受賞しました。

 

 

「2014 CRMベストプラクティス賞」を受賞
自動車販売業 総合支援 システム「TAS3.0」
ERP導入は、お客様のために一気通貫の
仕組みを築くためのインフラ基盤【前編】

ERP導入は、お客様のために一気通貫の
仕組みを築くためのインフラ基盤【後編】
 

創業者紹介

グループ代表 中村 賢作

昭和12年、小山市生まれ。
昭和31年県立結城第一高等学校卒業。その後東京の自動車販売ディーラーで営業員として活躍。
10年連続でトップセールスマンとして表彰され、銅・銀・金・ダイヤモンド賞から最高賞まで120回以上も連続して表彰を受け続けて、新車販売台数で日本一になった。こうした業績が注目されNHK初めTV番組や新聞・週刊誌など、マスコミにより多方面で紹介された。
名実共に日本一のカーセールスマンとなる。
日本セールスマン大会を始め、各業界の講演に招かれ、講師としても活躍。昭和52年発行の「超一流セールスマンの秘密」にも登場。個人販売記録3000台のレコード達成を機に、退社し、昭和48年11月東京オ-ト(株)を設立。以後、常に新しい独自の戦略と「顧客第一主義」の経営理念を実践し、東京オートグループを作り上げてきた。
 

本社所在地 >>


クルマを探す

検索したい単語をご入力ください。
例) トヨタ ナビ

携帯サイトのご案内

QRコードからアクセスすれば、すぐに携帯検索できます!